サーミスタとは

サーミスタとは、熱に敏感な抵抗体ということで、温度の変化につれてその抵抗値がきわめて大きく変化する半導体です。

一般の物質は温度が上がると抵抗値もわずかに上がります。芝浦電子が製造するNTCサーミスタは、抵抗値が大きく下がってきます。

以下の説明はNTCサーミスタに限ったものとします。

サーミスタは、Mn,Ni,Coを主体とする遷移金属化物の数量を原料とし、焼結されたファインセラミックス半導体の感熱素子です。

使用温度範囲が-50~+500℃と日常温度コントロールを必要とする全範囲をカバーしており、小形で安定かつ高感度のため、

家電機器や産業機器に温度センサや温度補償用素子として大量に使われています。

家電製品・自動車の温度センサー

Thai Shibaura Denshi Co.,Ltd.
Indra Industrial Park 51 Moo 3, Tambol Namtan, Amphur Inburi, Singburi, Thailand 16110
お問い合わせはこちらから
Copyright©2021  Thai Shibaura DenshiCo.,Ltd. All right reserved.